×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れによい栄養素1

肌荒れにはクリームなどのほかに、摂取することで効果がある栄養素というものがあるのです。そんな肌荒れにいい栄養素のまずひとつは、ビタミンB2です。ビタミンB2は細胞の再生や成長を促進する働きがあります。このビタミンB2は体内の脂質の代謝をよくする働きをするため、これが不足するとそのせいで肌荒れが起きたり疲れ、だるさの原因になったりするのです。

肌荒れによい栄養素2

ビタミンB2は、食べ物でいうと牛乳、卵、チーズ、そして豚肉、納豆などに含まれています。そして肌荒れ対策にいい栄養素のふたつめは、ビタミンCです。ビタミンCにはまず肌の張りを保ち、しみやシワができにくくする力があり、血中コレステロール値を下げたり、さらにはストレスを抑えるなどの力もあるのです。これは柑橘系を中心に果物に含まれます。肌荒れによい栄養素そのBはビタミンEです。

肌荒れによい栄養素3

ビタミンEは活性酸素や、過酸化脂質の生成を防ぎ、種実類、植物油などに入っています。肌荒れを防ぐのにいい栄養素に、もうひとつコラーゲンがありますが、これには細胞同士の間にあるすきまを埋めて、潤いを保つ働きを持っています。この栄養素は皮膚の組織を結合させるために必要な成分で、フカヒレやゼラチンといった食品に含まれています。以上のような栄養素が不足しないように努めていれば、肌荒れはかなり防げることになるでしょう。

Copyright © 2007 肌荒れによい栄養素について知りたくありませんか?